読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Enjoy A New Island

ボーイミーツガールを研究するブログのような何か

落ちもの系というパターン

落ちもの系ボーイミーツガール

ボーイミーツガールには出会いが必要だと以前書いたが、この出会いのパターンとしていわゆる落ちもの系がある。

落ちもの系とは

トーリーの導入部分において、平凡な主人公のもとに魅力的な異性が突然現れるところから物語が始まるというもの。

その後、しばしば主人公と同居することになる。

この偶発的な出会いは「まるで空から落ちてきたかのように」発生するものであるが、宇宙人や神、悪魔、天使、魔法使い、未来人など異世界の住人が「実際に空から落ちてくる」場合が多い事に由来する命名である。

ボーイ・ミーツ・ガールの派生パターンのひとつであり、恋愛を基調とするかそれに類する要素を含むものである。
主体性の乏しい主人公が好んで描かれるようになった傾向[いつ?]に合わせて頻繁に用いられるようになった。

評論家によれば、ライトノベルにおいてこの手法が用いられた典型的な作品として、おかゆまさきによる『撲殺天使ドクロちゃん』シリーズ(2002年初出)が挙げられている。wikipediaより引用)

とのことである。

 

wikipediaには例として作品がいくつか挙げられていたが、その中で一番古い作品は『うる星やつら』であった。

僕としてはてっきりこの言葉は『天空の城ラピュタ』に由来するものだと思っていたので意外である。(しかし、ラピュタの影響でこの言葉がつけられたという可能性もある。僕はそれを支持したい。)

 

落ちものの効果

落ちものという手法を使うとどのような効果があるのだろうか。

 

ボーイミーツガールにおいて重要となるのは出会いである。

話の掴みにあたる部分であり、ここをいかに魅力的なものにするかに悩む人も多いのではないだろうか。

そんなあなたに落ちものという手法は効果を発揮してくれる。

天空の城ラピュタ』の「親方、空から女の子が!」というセリフはあまりにも有名である。

それ以外の登場方法にせよ、いきなりのガールとの出会いはそれだけで印象強く作用する。

話の掴みである出会いのシーンで落ちものを使うとその出会いにインパクトを与えてくれるのだ。

 

落ちものの効果は他にもある。

突然ガールがやってくる、その点に疑問を生じる人もいるのではないだろうか。

どうしてやってきたのか、と。

この「どうして」は話を広げるのに役に立つ。

その点、ラピュタは上手である。

どうして落ちてきたかを事前のシーンでうまく描いている。

そして、それがその後にも有効活用されているのだがここではその説明は割愛させていただく。

 

要するに落ちものを使う利点は

・出会いのシーンにインパクトを与える

・落ちてきた理由から話を広げられる

である。

 

 

……ほら、こうなった。インプットの足りなさをまざまざと実感させられる。